守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【守谷あんしんお散歩プロジェクト】協力企画!祭り会場の表土除去による除染作業に参加しました。



守谷あんしんお散歩プロジェクト、愛称をもりあんといいます。


守谷の季節感あふれる街並みや広々とした公園、人の暮らしと調和した自然の中を、大人も子供も赤ちゃんも、誰もが笑顔で散歩する姿を夢見て活動中です。


お散歩だけではありません。普段の生活も、1年に1度のお祭りだって誰もが安心して楽しんで欲しい。そんな思いから、地域住民ともりあんで協力して、ホタル祭りの会場となる大柏里山広場の除染作業を行うことになりました。このホタル祭りは規模は小さい手作りのお祭りですが、祭りの最後に明かりを消してホタルを里山に放流するという、大人もうっとりするような幻想的なシーンが見られるお祭りです。もちろん、ホタルを放流するのはホタルと同じくらい光り輝く瞳を持った子供たちです。



さて、当日(5月6日)は地域住民ともりあん合わせて30名ほどが集まりました。


まずは広場の草刈りです。大柏里山会の草刈り機を使用しましたが、実は草刈りを行うのは半年ぶり。エンジンプラグがかぶりまくりでなかなかエンジンがかからず、皆さんひと苦労でした。
DSCN5105_R.jpg


続いて、表土除去。2-3センチ削ってくださ~い。という号令をかけたはいいが、皆さんそんな作業は初めて。いろいろな器具でいろいろな方法を試して、何とかみんなでゴリゴリと削りました。去年の8月に100人体制で実施した、ひばり幼稚園の表土除去作業が記憶に蘇ります。
DSCN5106_R.jpg

そして、広場全域で表土除去が完了。


作業した皆さんが期待と不安の目で見守る中、もりあんが放射線量測定を行いました。

結果はこちらです。

20120506_measure.jpg

作業前後の差分(減少分)は次の通りです。
20120506_diff.jpg


地表よりも地上1mのほうが、作業の効果が少ないことが分かります。
また、作業後はすべての地点で地表より地上1mの線量が高くなっています。

このことから、2つのことが推測できます。
ひとつは、作業によって地表の放射性物質は表土と共にある程度取り除かれたこと。
もうひとつは、広場の周囲に放射性物質が存在し、周囲の影響を地表より受けやすい地上1mの測定ではその影響を受けていること。
残念ながら、この広場の近くに雨水によって放射性物質が蓄積しやすい場所があり、そこからの影響を受けていると考えられます。


この作業によって、完全に事故前の環境に戻せたわけではありません。盛り土による更なる線量低減や、周辺の線源への対策など、検討すべき課題はあります。

ただ、ひとつ確実に言えることは、作業前と比較して明らかに浴びる放射線量は減少して、その分あんしんが少し増えたということです。

作業終了後、他地域から応援に来てくれたもりあん有志に対して、地区住民の参加者から感謝とお礼の言葉がありました。

そして、もりあん有志はお祭りでビール1杯ご馳走してもらえることになりました。やっほー!



あんしんも増えてお祭りも盛り上がって子供たちも喜んで...人と人が楽しくつながっていくといいなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/14(月) 20:18:07|
  2. 放射能汚染
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【守谷あんしんお散歩プロジェクト】リクエストにお応えして、北守谷遊歩道ぐるっと散歩線量測定を実施しました。 | ホーム | 100均シリーズ 今回はなんと器が…。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/tb.php/104-da7ab6ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。