守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寒~いやまゆり公園でしたが、笑顔を増やすホクホクな除染作業が実施できました。


(咲き始めた我が家の梅。春は目の前にあります)

昨日は寒かったですね。
真冬のように北風がぴゅ~ぴゅ~。

自分が生まれ育った埼玉北部では、このからっ風を「赤城おろし」と呼んでいましたが、このあたりではなんと呼ぶのでしょう。まあ何と呼んでも寒いことには変わりありません。さむっ。

そんな中、守谷の小さな公園に大勢の人が集まって、ホクホクな作業をしました。

集まった小さな公園、地面の下では山百合たちが春を待ちわびています。
そんな山百合たちは、地元ボランティア「山百合の会」の手によって、大切に守られています。守ってもらった山百合は、恩返しにきれいな花を咲かせて人々を喜ばせる、そう考えるのはちょっと人間に都合が良い話でしょうか。。。
何はともあれ、自然と人間の仲が良い公園なのです。

守谷市は国の除染計画に基づいて、春以降にこの公園を除染する予定でした。
その頃には眠りから覚めた山百合が元気に成長しているでしょう。表土とともに芽を出した山百合も刈られてしまうかもしれません。


山百合たち、それを見守る山百合の会にとって、これは困ります。
一方、計画に沿って粛々と作業をしなければならない守谷市も困りました。
そこへもりあんが加わり、みんなで少しずつ力を出しあって解決しましょう!ということになりました。


というわけで、さむ~い朝の小さい公園に、

もりあん登場!

市役所職員登場!

市会議員登場!(関口議員、市川議員、ありがとうございました。)

山百合の会登場!

東京から助っ人登場!


総勢30名で手作業での除染開始!



最初は神妙な面持ちで作業をしていたみなさん、次第におしゃべりも聞かれ、和気あいあいと作業は進み、広大なエリアをたった2時間で除染完了。作業エリア全域で線量低減を達成したことと、作業のおかげで山百合が守れたことを参加者全員で喜び合いながら公園を後にしました。


(除染した土壌の仮置き場前に設置した看板。一緒に作業した実感が湧きます)




山百合の花が咲くのは7月だそうです。


今年から、通常の花見(桜)に加えて「山百合の花見」が我が家の年中行事に加わりそうです。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/17(日) 09:10:55|
  2. 放射能汚染
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久しぶりのメッカ巡礼(神田でインラインスケートのブーツを新調) | ホーム | 雪とミッキーと、笑顔。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/tb.php/122-3b5c16db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。