守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こぼれ種やら宿根草やらに厚く御礼m(__)m

我が家の庭では毎年勝手にスクスクと育ってくれるありがたい植物たちがいます。昨年線量低減のために表土除去を実施しましたが、それでも変わらず現れてくれて嬉しいものです。

まずは庭に甘い香りを漂わせるジャーマンカモミール。


数年前に種から育てたら、それ以降毎年こぼれ種で庭のあちこちから出てきます。

引きで撮ると、宇宙人のコロニーみたいに見えるのは私だけでしょうか。






お次は実用的な青紫蘇。庭の片隅に移植して育てます。手巻き寿司や素麺の薬味に重宝するのです。



そういえば、毎年いつの間にか花壇で咲いていたノースポールさん、今年はお休みのようです。



こちらは宿根草のロベリア。


こぼれ種か、根っこが冬越しに成功しているのかわかりませんが、気づくと花壇のヘリで控えめに花を咲かせています。





庭のあちこちに宿根草が植わっているのですが、この時期に花を咲かせるものは多くありません。そんな中で私の好きなコンボルブルスはこの時期に満開になり、自己主張を始めます。




こんな妖しい輝きを放ちながらも、午後には花を閉じて存在感を消してしまうのが面白いところです。






紫陽花もいよいよ開店準備を始めました。


コンボルブルスが神秘的な輝きを増し、紫陽花の蕾が色づいてきたということは、カタツムリが喜ぶ梅雨の季節はすぐそこなのですね。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/28(火) 22:00:33|
  2. ガーデニング/植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もりあん式発想による草刈り大会です! | ホーム | 地味ですが、定期測定データです。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/tb.php/134-881de977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。