守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年も本格的な防災訓練でした。

9月1日は防災の日。

うちの町内でも毎年恒例の防災訓練が開催されました。
(でも年に何回も実施しているような…)


防災訓練に先立ち、環境美化のゴミ拾いを実施。9時開始だったのですが、情報が錯綜して8時半に集合場所に行ったところ、すでに何人かが集まっていて、そのまま帰るのはもったいないっ!という意見が出てゴミ拾い開始。

作業しているうちに人が集まり出して、9時になって正式にゴミ拾い開始。

ということで、1時間ゴミを拾い続けました(^^;;



前置きはさておき、ひと休みの後防災訓練開始~。

本当は地震発生後、班長さんが町内を回るのをきっかけに所定の場所に集合するのですが、我が家は勘違いして地震発生時刻前に集まってしまうという失態を冒してしまい、「予知に成功しました(キリッ!」という強弁で乗り切りました。


今年の防災訓練は学校との連動型になっていて、日曜日なのに特別に始業式で登校している子供達を親が歩いて引き取りに行く段取りに。

うちの地区は小学校まで往復1時間近くかかるので、炎天下の中ちょっと酷な訓練かな~と。でもお迎え係のお母さま達は何とか任務をこなしました。



居残り組の町民は状況別の防災訓練開始です。




ここからが相変わらず凄いのです。


まずは消火訓練。

消火栓のマンホールを開けて、ホースを連結、実際にターゲットの家までホースを引っ張って放水の寸前までやります。


このホースの連結、ちょっとコツがいるのですが、昨年の訓練で学んでいたので迷うことなくつなぐことができました。




続いて倒壊家屋からの救助訓練。
テントを家屋の屋根に見立てて、何処からか調達した木材で人が挟まった現場を再現しています。




ジャッキを使って倒壊した柱を持ち上げる実演。非力な女性が挑戦しています。




そして、救急車ではなく町内所有のリアカーと担架の救急隊が到着。




担架の組み立て方も初めてだと意外に手こずるようです。そして搬送した後は骨折の応急処置講座の始まりです。

添え木がない場合は、毛布を丸めて代用可能です。




いろいろ使える三角巾で固定。そして仕上げに無事な足も添え木代わりに一緒に固定します。なるほど~


これで処置完了。

この後追加で説明があった心臓マッサージの方法は非常に興味深かったです。
押す場所は胸の真ん中、両手で力強く5センチくらいの深さまで、1分間に100回のペースで押すということでした。

ちゃんと学びたいなら救急講習を受けた方がいいということで、機会があったら受けてみたいと思うようになりました。




今回も講師は全員町内の方でした。町内にこういった講習ができる人が何人もいることに対して、改めて心強く感じました。




最後はお約束のバケツリレーによる消火訓練です。火災想定場所は花壇で、水やりもできて一石二鳥、パチパチ。



「バケツリレー♪水よこせー♪」(メタリカ)
わかる人にはわかるネタでした。
(わからない方はメタリカのBatteryという曲の歌い出しを聴いてみてください)

9/7 訂正 曲名を思い切り間違えてました。Blackenedです(^^;;




訓練が終わり、小学校から子供達と迎えに行った親が汗びっちゃりで帰ってきたところで、炊き出し訓練と称した昼食会。30度を優に超える中で食べるアツアツの豚汁、意外とイケました(^O^)/



前回までの訓練で見聞きしたことは、今回の訓練で自然に実践できました。


訓練も回を重ねるごとに知り合いが増えます。


地味なことですが、こうしたことの積み重ねが、緊急時に大きく役立つのでしょうね。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/02(月) 23:56:55|
  2. 里山の会/町内会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏休みの自由研究 Part 1 | ホーム | 第2回草刈り大会、無事終了『すごいぞ小川さん!』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/tb.php/143-92e7f3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。