守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏休みの自由研究 Part 3

前記事のPart2では、汚染された年に洗浄して放射線量率の低減を達成した道路と何もしなかった道路の放射線量率の差が、2年という月日を経てなくなってしまった、という結果を報告しました。

書き終えた後に気になったので、それぞれの測定値と理論減衰値を比較してみることにしました。


Cmp2.jpg


緑色実線が非洗浄道路での測定値、破線が理論減衰値となります。現在測定値は理論減衰値より3割以上少なくなっており、減少分は雨風などによる放射性物質の移動(流出)と考えられます。

一方、赤の実線が洗浄道路での測定値、破線が理論減衰値となるのですが、こちらは2年経過しても5%の差に収まっており、洗浄後の路面では放射性物質の移動(流出)がほとんどなかったと推測できます。








Part2末尾に書いた仮説はいい線いっているのではないかという気がしてきました。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/04(水) 23:57:42|
  2. 放射能汚染
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<運動会とお祭りとサッカーの週末 | ホーム | 夏休みの自由研究 Part 2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/tb.php/146-75369b55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。