守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本格的! 町内防災訓練




防災訓練は結構な数受けてきましたが、ここまで凄いのはなかなかないと思います。誰もが驚き、そして真剣に学ぶ。それが私が住む町の防災訓練です。

(途中で場を離れたりしたため、完全なレポートではないかもしれませんが、ご容赦ください)

訓練は朝9時から始まりました。最初に町内にある消防ホースと消火栓の場所を確認、実際にホースを接続します。



息子も無事ホースをつなげることができました。



その後、組み立て式リアカーの組み立てを行った後、けが人救護の訓練です。脚を骨折したと想定して添え木がなく毛布しか用意できない状況において、見事毛布で脚を固定した後に、先ほど組み立てたリアカーでけが人の救護と移動が完了。






この後は三角巾の使い方、重症患者の気道確保、人工呼吸、心臓マッサージと続きます。指2本で顎を持ち上げて気道を確保するんですね。
この時の講師の方がプロ以上の説明上手で、思わず聞きいってしまったのですが、あとで聞いたら本当にプロ以上の方だそうで、深く納得しました、






次は、非常用発電機による照明の実演です。見事に照明が灯りました。






この後は消火器訓練です。子供が消火器を触りたくて陣取っていましたが、講師の方は子供年寄りは逃げるべき、それ以外の人が訓練すべき人、とキッパリ。納得!





訓練の最後は、お楽しみの炊き出し訓練!
豚汁とワカメご飯、こういう時の食事はなんで美味しいのでしょうか。息子と一緒にペロリとたいらげて、撤収のお手伝いをしました。


3月の大震災の時も、数時間の内に町内の状況を全て掌握したそうです。私が東京で帰宅できずにいた時に、家族は町内の方によって守られていました。


今日は地域防災の真髄を学び、自分たちが地域のためにできることも学びました。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/04(日) 21:43:02|
  2. 里山の会/町内会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<岩に挑戦! | ホーム | 常総環境センターで保管されている放射能の量(推定)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/tb.php/28-d1792b1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。