守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャンパス探訪 東京大学本郷キャンパス



東京大学第二弾、前回は小豆川先生擁する駒場キャンパスでしたが、今回は安田講堂がそびえ立つ本郷キャンパスです。



まずは、定番の赤門に向かいます。
敷地沿いの通りを歩いてテンションを上げていきます。



そして、赤門。






はい、間違えました。これじゃあバカもんですね(寒



再び歩いて、こちらが赤門です。




実は東京大学より50年も前に作られた、江戸時代の歴史的建造物です。

写真では見づらいですが、てっぺんの瓦には「學」という字が。







赤門を抜けて、とある建物の中を拝見。ん?





皆さん家に帰る間も惜しんで研究や勉強をなさってるのですね。





建物内にあった生協で道を尋ねたら、店員さんからキャンパスマップをいただきました。ありがとうございます。








建物を出て、キャンパス内を探索します。










こういうアンティークな外灯、いいですね~。







これは弓道場(多分)。こんな伝統的な建物の中で、東大生は軌道計算をしながら弓を放ってるのでしょうか。




足元に視線を落とすと、独特のマンホール。



なんだか江戸の通貨みたいですね。




さらに進むと、こんな道が。私のことをおいでおいでと誘ってます。





細い坂道を下っていきます。



目の前が開けました。静寂の中に、池です。




研究に行き詰まった人が気分転換に訪れたりしているのでしょうか。ちなみにこの池は三四郎池と呼ばれているそうです。


見所いっぱいで、長くなりました。というわけで、この続きはまたの機会に。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/09(金) 07:52:51|
  2. 大学キャンパス探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<守谷の放射能汚染調査を東大小豆川先生と一緒に実施しました | ホーム | 岩に挑戦!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/tb.php/30-1ada5ad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。