守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我が家で焼き鳥を食べるとは

しょうがないんですよ。私は焼き鳥屋の息子として育ったもので、親が玄人だと、妥協することは親不孝かなって思っちゃうんです。



とかなんとかいうのは言い訳で、美味しいモノをこの手で作って楽しみたいだけ。そのための労力は厭わないのです。




今日も前置きが長いですが、つまり、我が家で焼き鳥を食べるとは、そういうことなのです。


さあ、始めましょう。





まず、用意するのはコレ!




・・・当たり前過ぎました。





気を取り直して、無心で刺していきます。まずネギマとニンニク間。









モモ肉をさばいた時に剥いだ皮は、油を削いで沸騰した日本酒にさっとくぐらせます。そして、刺します。








先ほどの日本酒はタレ作りのベースになります。



ニンニク、砂糖、みりん、醤油で味を整えていきます。甘めの方が家では喜ばれるようです。
最期にちょっとだけかたくり粉でとろみをつけてタレは完成。とろみをつけすぎると、スーパーの焼き鳥になってしまうので、要注意です。





ササミです。焼く直前にワサビをたっぷりつけて、サビ焼きにします。






その他、砂肝やつくねの下ごしらえを終えて、さあ焼きましょうか。




当然、炭火です。








焼けました。ネギマです。






つづいてニンニク間。いつもは日本酒だけど、今日はワインで。







皮です。写真写り悪いぞ。






えーい、つくねお月見だいっ。







砂肝っ!塩で焼いてワサビを添えて。






そして、最後はササミのサビ焼き。ワサビは焼くと辛味がマイルドに成るので、たーっぷり塗ります。こんなに塗っても辛くな、、、辛い(涙






ゆくゆくは、タレを作り置いて足りなくなったら継ぎ足す、なんてことしてみたいです。そこまで行ったら、守谷に焼き鳥屋開こうかしら。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/20(火) 21:48:55|
  2. お楽しみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上昇を続ける放射線量率 守谷市内にて | ホーム | 守谷で放射能汚染の実態を共有するフィールドワークを行いました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/tb.php/35-e161bfbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。