守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

住民による隠れた英断、通学路変更

今日も楽しそうに小学校へ登校する子供たち。いつもと同じ風景に見えますが、今週から少し変化がありました。



通学路の一部変更です。



新しい通学路は、放射線量率が高い場所を避けて設定されました。



通学路の一部で周囲より高い放射線量率を検出したのは7月でした。その後、行政、学校、町内会、子供会と協議しました。行政と学校は理解を示しつつも公式には動けませんでした。その後、町内会長、子供会長の理解の元に子供会が変更を決断し、学校が了承することで最終決定がされました。



地区の方々のご協力に加え、市役所と学校関係者の理解により、子供のリスク低減に向けた具体的な施策を実施することができました。関係各位に感謝いたします。





(ここから雑感といいますか、独り言です)

問題発覚から通学路変更の暫定措置に至るまで、約3ヶ月を必要としました。その間、私の子供を含め、地区の子供たちはリスクが高い方の道を歩き続けました。



ある関係者からは、希望者だけでも通学路変更は可能と助言いただきました。また、何度となく自分の子供だけでも車で送迎することを考えました。しかし、私は正式な手続きに従って通学路を変更する道を選びました。



私の住む地区は30人以上の小学生が住み、みんな仲良しです。週末は学年問わず自然と集まって遊び始めます。 我が家にも時には10人を超える子供が押しかけてきたりします。そんな光景を見ているせいか、全員の通学路変更にこだわりました。しかしながら、自分の子供を守りたいひとりの親としては、葛藤と自己批判の日々を送ることになりました。 しかも私の力が至らず、変更までに長い時間を要してしまったのです。



何はともあれ、先週までと違う道に向かう子供「たち」を見て、ホッとしつつも複雑な感情が心の片隅に残っているのでした。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/18(火) 18:43:27|
  2. 放射能汚染
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<散歩人がゆく、伏見街道 | ホーム | 守谷で立ち入りを禁止すべき場所>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/tb.php/43-9e0e72f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。