守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

守谷は小さい?

守谷市は茨城県内で一番面積が小さい市という事実をご存知でしょうか。

総面積35.63平方キロメートル、これを小さいと言われても、私には規模感がつかめません。





こういうときは、馴染みのある場所と比較してみましょう。


・東京ディズニーランド約70個分
スプラッシュマウンテンが70基あったら、世界中から注目される観光地に!
2週間ほど泊まらないと回りきれない広大さですね。


・皇居約25個分
いつも混雑している皇居外周を走るランナーの皆さんには快適に走っていただけそう。
外周はどれほどの距離になるのでしょう。
面積は円形と仮定すると(本当は全然違いますが)、面積はπr^2で、外周は2πrという公式から、
外周は約100キロメートルです。
ということは、日テレの24時間テレビでマラソンコースに採用されるかもしれません。(ナイナイ)



で、何が言いたいかというと。



こんな小さい市なのに、散歩すると無限の大地のごとく広大に感じるということです。

ここ2週間、地図を見ながら1本ずつ水路をたどる調査を続けています。
水路をさかのぼるには、あぜ道を進み、壊れかけた木の橋を恐る恐る渡り、藪をかき分け、水の中を足を取られながら前に進む必要があります。
時には見失い、地元の人に聞いたりしながらひたすらたどります。

散歩人にとって、決して守谷は小さくありません。
見たこともない場所、思いもよらない場所がまだたくさんあります。

こういった目的での散歩で守谷の奥深さを体感するとは皮肉なものですが、元に戻った状況を夢に描きながら、自然の中を歩く楽しみは忘れないようにしたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/16(水) 22:15:00|
  2. 放射能汚染
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上昇を続ける放射線量率のその後 | ホーム | ホットスポットの中心で、ふがいなさを嘆く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/tb.php/51-a563f18b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。