守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホットスポットの中心で、ふがいなさを嘆く

落ち葉が放射性物質を大量に含む可能性があることや、焼却した後の灰が風によって舞い上がりやすいことから、かねてから落ち葉などの屋外焼却については禁止すべきと主張しておりました。

過去のブログ:植物の屋外焼却(野焼き)の危険性
(本ブログ記事は市役所に報告済)



昨日、こんな記事を目にしました。

■落ち葉の野焼き自粛求める(長野県) [11/14 18:03 テレビ信州]
福島原発事故を受けて県は、落ち葉の屋外焼却について「放射性セシウムが大気中に飛散する可能性がある」と極力行わないよう14日の連絡会議で呼び掛けた。各市町村あてに文書で通知された。焼き芋などを通じて内部被曝の危険性があるとしている。落ち葉は野焼きせず、各自治体の焼却施設に持っていくよう呼び掛けている。



守谷市は事実上屋外焼却を黙認する姿勢を取っています。放射性物質が拡散する危険性については市民に伝えていません。小学校で稲わらともみ殻を使った焼き芋行事も、守谷市が安全宣言を出したことで実施されたと聞いています。


このニュースを目にして守谷の現状を振り返ると、自分が無力であることを痛いほど思い知らされます。




市の関係者の皆様に今一度お願いします。


守谷市内には、30万Bq/kgを超える落ち葉が無造作に落ちているのです。しかも、危険な落ち葉とそうでない落ち葉の見分けは容易にはつきません。

安全とは何かを考えていただき、予防的措置を含めて一歩踏み込んだ検討をお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/16(水) 21:25:45|
  2. 放射能汚染
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<守谷は小さい? | ホーム | 5ヶ月という期間をまたいだ2つの記事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/tb.php/53-83028a90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。