守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【守谷あんしんお散歩プロジェクト】初の試み!公園まるごと線量測定、第一弾はそよかぜ公園で実施しました。

soyo_scene1.jpg

守谷市内には松ケ丘公園、けやき台公園、立沢公園といった2万平方メートルを超える広大な公園がある一方で、2千から5千平方メートルほどの小さな公園が住宅地域の中に溶け込むように存在していて、近所の人の散歩コースや子供たちの手ごろな遊び場になっています。


さて、ここで問題。
松ケ丘公園、けやき台公園、立沢公園、この中で一番面積が大きい公園はどれでしょう?

正解は最後のお楽しみということで、本題に戻ります。


公園の線量調査の実験的試みとして、3月24日に松ケ丘公園内の一部の区画において、5メートル間隔での線量測定を行いましたが、今回は住宅地に隣接している小さな公園をまるごと測ってしまおうという大胆な(自分で言うな)試みです。

いくつかの候補の中から、松ケ丘にあるそよかぜ公園を最初に調査することにしました。
soyo_scene2.jpg

この公園の敷地面積は2500平方メートルで松ケ丘公園の約10分の1の規模、5メートル間隔で敷地全体の線量測定は現実的と判断しました。


作業は3月31日、4月1日の2日間に分けて行いました。測量方法について現場で試行錯誤があった上に、途中で測量ミスが発覚して測量と線量測定をやり直すというアクシデントもありましたが、それでも延べ5時間で全作業を完了しました。


そよかぜ公園の全体図と線量測定を行ったエリア(赤枠)です。このエリア内を5メートルごとに区切って線量測定を行いました。なお、グラフ右上★印の場所は、植え込みがあって測定不能だった場所のため、異常点として除外しています。
(事情により、敷地境界付近で網羅し切れていない箇所がありますが、まるごとじゃないじゃん!という突っ込みはご容赦ください)

soyo_map.jpg

測定日:3月31日(くもり、時々強風)、4月1日(晴れ)
測定機器:堀場製作所 Radi PA-1000
測定高:地表から5,50,100センチメートル

線量測定結果をグラフにしました。各データ間は線形補間しています。
(放射線量率(相対表示):青<黄<赤)


まずは地上5センチです。全体図と重ねると、右側遊具の近くと左側の土の広場が比較的高い放射線量率となっていることが分かります。その一方で、砂場や舗装面は他の場所と比較して低くなっています。

soyo_h5_xy.jpg


絶対的な線量率を見るために、グラフを寝かせてみました。先ほど比較的高いと指摘した場所の線量率が0.7μSV/hを超えているのが分かります。
soyo_h5_xz.jpg


続いて地上50センチでの結果です。高さが上がると周囲の線源からも拾うため、5センチよりも凹凸の少ないマイルドなグラフになります。5センチの結果と同様に、右側のエリアでは遊具付近、左側のエリアでは土の広場に比較的線量が高い場所の存在が認められます。

soyo_h50_xy.jpg

50センチでも0.5μSV/hを超える場所があります。
soyo_h50_xz.jpg


最後に1メートルでの結果です。
soyo_h100_xy.jpg

地表から1メートル離れることで、局地的な濃淡の影響がだいぶ緩和されて凹凸がさらに少ないグラフとなりました。砂を交換済みの砂場や舗装面を除いて、すべての地点で除染の目安としている0.23μSV/hを上回っています。
soyo_h100_xz.jpg


守谷市は人口10万人あたりの都市公園数が茨城県で一位という素晴らしい市です。
そう聞くと公園の調査に対して途方に暮れる方もいるかもしれませんが、公園の数は無限ではありません。

今回の試みにより、この規模の公園であれば作業の効率化を進めることで2-4時間ほどで「公園まるごと線量測定」ができることが確認できました。測定器をRadiから測定時間が短い機材に変更することで、より一層作業時間を短縮させることもできます。


この結果をどう生かすかについては前回の記事でも触れましたが、守谷あんしんお散歩プロジェクト(もりあん)では「公園まるごと線量調査」の作業を進めると共に、成果を市役所や市民の方と共有しながら、より多くの人が少しでも早く「あんしん」を得られるための方法を検討していきます。また、研究者の方にもデータを活用いただき、効率的かつ効果的な線量軽減策を見出していきたいと考えています。

ここで言う「あんしん」は、現在の線量を不安に感じる人だけが目指すものではないと考えます。線量に不安に感じない人も、公園で遊ぶ人が減ったり、不安に感じる人がいる状況にストレスを感じる部分があるかもしれません。そういった方々も含めてみんなで「あんしん」を得ることを目指していければと考えています。



最後にお待ちかねの冒頭の質問の答えですが、3つの中で一番大きい公園はダントツで立沢公園でした。
なんと、立沢公園は残りふたつの公園を合わせたのとほぼ同じ大きさだそうです。

さて、大きな公園はどうやって測りましょうか。。。(お力をお貸しくださ~い)
スポンサーサイト
  1. 2012/04/04(水) 18:30:00|
  2. 放射能汚染
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【守谷あんしんお散歩プロジェクト】水路と里山の推移を知るために、継続的に線量測定を行っています。 | ホーム | 公園をあんしんの場所にするために~公園への取組みを始めました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/tb.php/94-32ba129c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。