守谷の軽井沢-大柏の森

通称守谷の軽井沢、大柏の里山を中心にぶらぶらと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

里山会で草を刈りつつ、秋の里山を散策



秋も深まってきましたね。

水不足に猛暑と、夏の間はすっかり干上がってしまった里山にも、ここ最近の雨で潤いが戻ってきました。



ぬかるんだ足元を見ると、セリがそこらかしこで繁殖していました。


来年の春は少しだけセリを摘んで春の味覚を楽しもうかどうしようか、、、なんて考えながら茎をつまんで独特の香りを楽しんだ後は、草刈り作業です。



いつもの橋(倒木)を伝って向こう岸に渡ろうとしたら、橋になにやらでっかい物体が…。








一方、こちらは芸術的。





裏側にでっかいのも。






こちらの実はパールのような光沢でうっとり。




宝石屋のディスプレイのごとく。






背丈を大きく超える草を退治しながら奥に進むと、面白い木に出会いました。




大雨か嵐で倒れたのでしょうが、その倒れた幹から次々と長い枝を空に向かって張り出し、1本で林のような風景を作り出しています。
畏敬の念を込めて、劇団ひとり林と命名しました。




さて休憩、本日のスイーツはぜんざい。会長の奥様がわざわざ自宅で作って、里山まで差し入れてくれました。



本当にいつもありがとうございます。




本日の成果、その1。

見渡す限り背丈を超える雑草の森でしたが、ひとりで全部刈りました~。
寒いはずなのに、汗びっちょりになりました。


本日の成果、その2。
拾ったゴミです。




多いなぁと思いますが、これでも里山会を始めた当初と比べて激減しているそうです。

そしてふと考えます。

『草を刈ったりゴミを拾いつづけたところで、心無い人は決していなくならない。でも、生い茂る雑草や落ちているゴミにつられてつい捨ててしまう人や、軽い気持ちで捨ててしまう人を思いとどまらせているかもしれない』



結局のところ、里山の作業って、誰もが持ってる「魔が差す芽」を草と一緒に刈り取ったり、ゴミ拾いついでに「誘惑の種」を回収しちゃう作業なのかもしれませんね。


何はともあれ、ミッションコンプリート&里山の秋を満喫、でした。
  1. 2013/11/11(月) 23:50:17|
  2. 里山の会/町内会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの里山会



週末に大柏里山の会の例会に参加しました。



今年は雨で中止になることが多く、私自身も忙しかったりで久しぶりの参加でしたが、秋晴れの空の下でいつも通りゴミを拾って草を刈りました。


エンジン始動!と思いきや、なかなか始動しなくて…いい汗かきました。






途中、秋の風景を眼でつまみ食い♪


カラスウリだそうで。


白昼の花火。








後半はひとり里山から離れ、小学校の通学路を刈りました。


この場所では、景観と安全確保の観点から、地域住民が力を合わせて草刈り大会を開催をしていますが、今年はもう開催予定がないので、長くなったところと歩道に近い場所だけカットしておきました。




草を刈っている時、いつもありがと~と近くの住民に声をかけられ、作業を止めて少し話をしましたが、TX高架を挟んで反対側の歩道のことを懸念している様子でした。



ちなみに反対側の歩道はこんな感じ。
景観、安全性、機能性が著しく損なわれている状況を私も強く懸念しています。









さて、話は戻って本日の成果。先月は雨で作業できなかったので、2ヶ月分です。




これを捨てる人たちも、私たちと同じ守谷もしくは近郊に暮らしているのでしょう。どんな人がどんな気持ちで捨てるのかなぁと、ゴミの山を眺めながらいろいろ想像してしまいました。
  1. 2013/10/18(金) 07:18:27|
  2. 里山の会/町内会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

運動会とお祭りとサッカーの週末



私の笑顔の如く爽やかな秋晴れが続いた先週末、子供達の運動会と守谷駅前のお祭りが開催されました。


まずは小学校の運動会。

これで全校生徒という、大変コンパクトな学校です。


小さい学校には賛否あると思いますが、子供も大人も顔見知りになりやすい環境で私は好きですね。


そして競技開始~♪
ムスメと吉くん、ふたりとも笑顔で一生懸命競技をこなしました。

吉くんは個人だけでなく、地区対抗リレーでも優勝!パチパチ

家に帰ってからメダルケースを大切に磨く吉くんがなかなか愛らしかったです。



運動会が終わって、全力で競技した子供達に触発されて私も全力で筋トレ(笑)

いい汗流した後、駅前のお祭りへ。

気がつけばご近所6家族が集結して青空飲み会に突入…。終始立ち話で疲れましたが、めちゃくちゃ楽しかったです。


翌日は家族総出で朝からお祭りの名物コーナー、どじょうつかみのスタッフに。



このどじょうつかみ、年々人気が高まり、これを目当てに祭りに来る人もいるほどです。

一度始まると来場者は途絶えることなく、仕切り役は結構大変。お昼頃から長い行列ができてビビリましたが、何とか無事故で1時過ぎに品切れ閉店。


あー楽しかった♪



スタッフ作業も終わり、用事もあってお酒も飲まずに家路へ。

ここまでで既にクタクタ、とりあえず休みたかったのですが、吉くんのリクエストでサッカーの練習をすることに。


小学校に行くと、6年生の子供達が一緒にやろうと声をかけてくれました。聞けば1年生の吉くんと顔見知り。コンパクト校のいいとこですね。


それから2時間近く子供達とサッカーに没頭。お兄ちゃん達は礼儀正しい上に、吉くんに優しく接してくれて、おじさんはちょっとうるっときてしまいました。

そんな優しいお兄ちゃん達に相手してもらった吉くん、ますますサッカーが好きになったようです。


それにしても疲れましたが、秋晴れのような爽快感たっぷりの心地良い疲れでした。
  1. 2013/10/01(火) 00:09:06|
  2. 里山の会/町内会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も本格的な防災訓練でした。

9月1日は防災の日。

うちの町内でも毎年恒例の防災訓練が開催されました。
(でも年に何回も実施しているような…)


防災訓練に先立ち、環境美化のゴミ拾いを実施。9時開始だったのですが、情報が錯綜して8時半に集合場所に行ったところ、すでに何人かが集まっていて、そのまま帰るのはもったいないっ!という意見が出てゴミ拾い開始。

作業しているうちに人が集まり出して、9時になって正式にゴミ拾い開始。

ということで、1時間ゴミを拾い続けました(^^;;



前置きはさておき、ひと休みの後防災訓練開始~。

本当は地震発生後、班長さんが町内を回るのをきっかけに所定の場所に集合するのですが、我が家は勘違いして地震発生時刻前に集まってしまうという失態を冒してしまい、「予知に成功しました(キリッ!」という強弁で乗り切りました。


今年の防災訓練は学校との連動型になっていて、日曜日なのに特別に始業式で登校している子供達を親が歩いて引き取りに行く段取りに。

うちの地区は小学校まで往復1時間近くかかるので、炎天下の中ちょっと酷な訓練かな~と。でもお迎え係のお母さま達は何とか任務をこなしました。



居残り組の町民は状況別の防災訓練開始です。




ここからが相変わらず凄いのです。


まずは消火訓練。

消火栓のマンホールを開けて、ホースを連結、実際にターゲットの家までホースを引っ張って放水の寸前までやります。


このホースの連結、ちょっとコツがいるのですが、昨年の訓練で学んでいたので迷うことなくつなぐことができました。




続いて倒壊家屋からの救助訓練。
テントを家屋の屋根に見立てて、何処からか調達した木材で人が挟まった現場を再現しています。




ジャッキを使って倒壊した柱を持ち上げる実演。非力な女性が挑戦しています。




そして、救急車ではなく町内所有のリアカーと担架の救急隊が到着。




担架の組み立て方も初めてだと意外に手こずるようです。そして搬送した後は骨折の応急処置講座の始まりです。

添え木がない場合は、毛布を丸めて代用可能です。




いろいろ使える三角巾で固定。そして仕上げに無事な足も添え木代わりに一緒に固定します。なるほど~


これで処置完了。

この後追加で説明があった心臓マッサージの方法は非常に興味深かったです。
押す場所は胸の真ん中、両手で力強く5センチくらいの深さまで、1分間に100回のペースで押すということでした。

ちゃんと学びたいなら救急講習を受けた方がいいということで、機会があったら受けてみたいと思うようになりました。




今回も講師は全員町内の方でした。町内にこういった講習ができる人が何人もいることに対して、改めて心強く感じました。




最後はお約束のバケツリレーによる消火訓練です。火災想定場所は花壇で、水やりもできて一石二鳥、パチパチ。



「バケツリレー♪水よこせー♪」(メタリカ)
わかる人にはわかるネタでした。
(わからない方はメタリカのBatteryという曲の歌い出しを聴いてみてください)

9/7 訂正 曲名を思い切り間違えてました。Blackenedです(^^;;




訓練が終わり、小学校から子供達と迎えに行った親が汗びっちゃりで帰ってきたところで、炊き出し訓練と称した昼食会。30度を優に超える中で食べるアツアツの豚汁、意外とイケました(^O^)/



前回までの訓練で見聞きしたことは、今回の訓練で自然に実践できました。


訓練も回を重ねるごとに知り合いが増えます。


地味なことですが、こうしたことの積み重ねが、緊急時に大きく役立つのでしょうね。
  1. 2013/09/02(月) 23:56:55|
  2. 里山の会/町内会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回草刈り大会、無事終了『すごいぞ小川さん!』

前回の記事で予告した通り、第2回草刈り大会を盛大に開催しました。

日曜日の朝、集合時間の少し前から小雨が降り出して、中止の2文字が頭によぎりましたが、集合場所に集まった人からは「やるぞ~」の声しか聞こえず、とっても自然な流れで決行することに…(^^;;



草に挑む大会参加者には、刈払い機という武器が渡されます。

今回は前回の6台を大幅に上回る10台を守谷市から借り受け、大幅に戦闘力アップ!




さらには安全確保のため、看板とコーンを道路沿いに設置して、誘導灯を持った誘導員も配置する万全の体制で臨みました。

草刈りごときに大げさと思われるかもしれませんが、善意の人が怪我をしたり加害者になったりすることだけは避けたかったのです。設置の手配をしていただいた、龍ヶ崎工事事務所のご担当者に感謝!です。

当日は龍ヶ崎工事事務所から課長さんにお越しいただき、作業に参加していただきました。感謝感謝!です。



途中何度か休みを取るたびに、参加者の間で会話も弾みだし、それに呼応するかのように、雨も上がりました。




で、そろそろこの記事のタイトルに触れなくては…。


何が「すごいぞ小川さん!」だろう?と思った方、はい、すみません。茨城県議会議員の小川一成さんのブログ記事のタイトルをパクりました…(汗

小川一成議員公式ブログの記事 「すごいぞ下ケ戸地区!」



でも、小川さんは本当にすごかったのです。



長い鎌を自在に操り、率先して草刈り作業に汗を流されました。(小川さんのブログ記事に写真が少ないのは、ずっと作業されていたからに他なりません)

圧巻だったのはトラックへの積み込みです。写真右が小川さんなのですが、長い鎌で草を挟みすくい上げ、それをトラックに載せるやいなや、その長い鎌で荷台の奥にぐいっと押し込んでいきました。普通の人にはなかなかできない凄技です。



いやぁ、カッコ良かったです。


草刈り大会が終わった後は、お約束の慰労会。一緒に汗を流した者同志、美味しいお酒を酌み交わしました。

いろんな人がお酒や食べ物を持ち寄ってくれましたが、個人的にはコレが一番。食べた瞬間、「ほやっほー!」と叫んでしまいました。






翌日の朝、通行人も思わずスキップしてしまいそうなすっきりした光景を眺め、心も軽やかに(^^)



もうすぐ新学期です。良い子のみんな、明るく見通しの良い道を通って笑顔で学校に通ってね。




【謝辞】
今回の草刈り大会実施にあたり、守谷市、龍ヶ崎工事事務所、小川一成議員、守谷あんしんお散歩プロジェクトのきょうさんと、多くの方からご支援ご協力をいただきました。末筆ながら、ここに厚く御礼申し上げます。
  1. 2013/08/26(月) 20:42:28|
  2. 里山の会/町内会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。